稼げるセミナー講師は、人望があるとは限らない!

稼げるセミナー講師は、人望があるとは限らない!


ビジネスの世界で成功する人は、たいてい、人望があります。
大企業の社長であればあるほど、そのような傾向にあります。

なぜ、そうなるかというと、大人数をまとめるには、強力なリーダーシップが必要で、そのリーダーシップを発揮するためには、人望が必要なのです。

お客様から仕事をもらえる人は、人間力がある人、信頼できる人に限定されるのが普通です。

ですが、セミナー講師は、残念ながら、スキルとテクニックが通用してしまう世界なんです。
大変失礼なことを言って、すみません。

言い方が悪いですが、キャッチコピーと稼げるような文言で、とにかく人を集めて、心理テクニックを駆使して講座でその気にさせて、契約させてしまう。自分を大きく見せるというスキルやテクニックが通用してしまうのです。

自己啓発教材、リフォームなど、リピートが少ない個人向けの営業、女性を口説くのが上手い人、人に何と思われようが気にしない、稼げればそれでいい!という人が、向いている仕事と言えます。

私の見ている限りでは、
セミナー講師で成功している人、稼いでいる人ほど、企業からのオファーがないような気がします。

セミナーを開催して有名になりたい!
セミナーを開催してお金持になりたい!

という意気込みはいいのですが、この先のビジネスを見越して、ブランディングする必要がありそうです。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。