生産財法人営業コンサルティング

日本の製造業を復活させたい


新型コロナウイルスの影響で、世界経済が大きく低迷しております。そんな中、日本経済復活のカギは、製造業大国日本を復活させることです。日本の製造業を元気にしたいという思いから、製造業向け、主に生産財など有形商材に特化した営業コンサルティングに力を入れることにしました。

インバウンド需要に頼りきっていた観光業、大手メーカーの海外生産、輸出産業も大打撃です。今後は、今までの経済活動から大きく変わることが目に見えています。日本国内生産にこだわる企業も出てくることでしょう。礼儀正しく、真面目でサービス精神が旺盛な日本人の強みは、製造業しかないのです。大手企業から中小企業まで、素晴らしい技術を持った企業を、何とか復活させたいのです。

営業マンの商談はオンライン化されたり、EC取引(電子商取引)に変わったり、大量生産はなくなり少品種小ロットになることも考えられます。大量に同じ物を作る技術よりも、販売の仕組みがキチンとしていたり、何か強みや特徴がある企業の方が選ばれる様になります。ますます、零細企業は淘汰されていくでしょう。

もう1つ心配があります。日本の技術を広げようと、町工場などを取材し動画にして紹介するチャンネルを始めたのですが、予想に反して多くの下請け企業は取材(無料)に消極的でした。高度成長期に大手企業の下請けになったり、代理店に販売を任せたりして、特に何もしなくても仕事を得られる状況にあったため、自分から情報発信や販売促進をしたり、営業をしたりという感覚がないようです。ホームページもないことが多く、工場で何をしている会社か分からないため、後継者不足に悩む理由も分かります。
 

私の強みは「有形商材×法人営業」


私自身、電子部品メーカーや半導体商社などで、16年ほど法人営業をしてきました。その後、独立し法人営業を中心に、交渉力やコミュニケーション、プレゼンテーションなどの研修や講演をしてきました。ここ最近では、法人営業のコンサルティングも増えてきました。

独立して8年が経過しましたが、今思い返すと、お客様のほとんど(98%)が有形商材を扱う企業です。生産財などを扱う製造業(メーカー)が90%以上を占めています。私の強みは、「有形商材×法人営業」であることが分かります。
 

製造業向け生産財法人営業コンサルティングとは


私は、短気的な営業戦略である「飛び込み訪問」「テレアポ」「チラシ広告」「クロージング」など、よくありがちな新規開拓、行動・テクニック論には趣を置いておりません。頭を使って作戦を考える「マーケティング戦略」「需要のある商品作り」「強みの発掘」「デジタル戦略」「論理的な説明力」「信頼関係作り」「人の心を打つキャッチコピー」などに力を入れております。長期的な戦略を目指すため時間がかかりますが、長きにわたって利益をもたらすことができます。

もしかしたら、長い目で考えず、今すぐ結果を出したい方には、お役に立てないかもしれません。

主な、コンサルティング内容としては
・新しい企業への販路拡大
・既存の取引先との関係強化
・今の技術を生かした新しい商品作り
・新規事業の販売方法
・今ある製品の売り方を変える
・今ある製品の見せ方を変える
・大手企業下請けからの脱却
・ネットを使ったEC化への取り組み
・法人だけでなく、個人向けにも活路を見出す
・1社から複数取引へ分散させる

という内容から

・毎月の営業会議で指導
・御用聞き営業からの脱却
・企画提案営業力の強化
・売上重視主義からの脱却
・営業マンの同行営業
・営業マンの交渉力トレーニング

など

製造業向けの法人営業で、売上が上がるあらゆる方法を駆使して、お手伝いさせていただきます。

中小企業の製造業が生き残ることが、今後の日本の復活には欠かせないのです。まだまだ、素晴らしい技術が世の中に知られていないことの方が多いです。

家電アドバイザーとしてデジタルやITに強い側面を持つ私が、中小企業が下請けから脱却し、新たに活路を見出していくお手伝いもさせていただきます。