セミナー講師デビューしたい人は、会場の予約が一番先!

セミナー講師デビューしたい人は、会場の予約が一番先!


セミナー講師を目指す人、セミナー講師になりたての方がやりがちな間違いがあります。それは、講座のコンテンツができてから、講座の日程を決め、セミナー会場を予約し、セミナーを開催しようというものです。

おそらくこれでは、いつまで経っても講師をする機会は訪れないでしょう!

講座の内容を考え、一生懸命にコンテンツを作ることは大切ですが、みなさんが最初にやっていただきたいのは、先に会場を予約してしまうことです。

先に会場を予約してしまうと、セミナー参加者を集める時間が足りないかもしれません。まだ、講座の準備が不足していているかもしれません。講座開催まで時間が足りなくコンテンツが中途半端になるかもしれません。そんな不安の声が聞こえてきそうですが、関係ありません。

セミナー会場を予約すると、ほとんどのケースでは、会場代を先に払うことになります。お金を払ってしまったら、もう、後には引けません。セミナーや講座をやるしかなくなるのです。私も講師としてデビューしたてのときは、コンテンツが満足できるものになるか、不安で仕方ありませんでした。しかし、会場を予約した後の方が、追い込まれるためか、コンテンツ作りにも気合いが入り、質の良いコンテンツができあがりました。

実は私、講師として8年近く経過した今でも、セミナー会場を先に予約してしまうことから始めています。中身もコンテンツも何も考えていない状態で、何となくのイメージだけ持って追い込みます。

セミナー会場を予約しないと、講師として慣れた今でも、セミナー開催を先の伸ばしにして、セミナーを開催しないことも多々あったりします。慣れていない方でしたら、なおさら先延ばしの状況になりがちなのです。

人が来るかどうかを気にしているようでは、人気セミナー講師にはなれませんよ。私でも、参加者がゼロのときがありますから。

まずは、会場の予約です!



1年目からうまくいく! セミナー講師 超入門
1年目からうまくいく! セミナー講師 超入門

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。