受け身型マーケティング ブログの活用方法とは

受け身型マーケティング ブログの活用方法とは


ほとんどの方は、ブログを書いて直接お客様からオファーをいただくのが、目的です。
それができれば、理想です。

・オファーが来るように、アクセス数をどうやって上げるか?
・中身のある記事を、どうやって書くか?
・毎日、更新するために、どうやって時間を作るか?

など、やること満載で、結果が出るかどうか分かりません。

私は、ブログをこのように位置づけています。

他のサイトを見て、私にオファーをしようとした人が、私の考え方を深く知るツール!

だから、「内容が濃い」「分かりやすい」「人柄が見える」投稿である必要があります。
企業が私に仕事をオファーするときは、100%ブログを見ています。

直接、仕事を取る、オファーをもらうためのツールではないのです。

記事はたくさんあった方が良い。
でも、宣伝、広告がギラギラでは、オファーをする企業担当者は、引いてしまいます。

自分の人柄が見える必要があります。
自分の意見、考え方を付け加えるといいでしょう。

受け身型マーケティング なぜFacebookにブログリンクを貼るのがダメか

アクセスを上げるために、「Facebookにブログリンクを貼る」のは反対です。SNSに書かないとブログへの流入が見込めないようでしたら、オファーが来るまでのアクセス数にするのは無理です。

Facebookに友達が2,000人いたとしても、表示されるのは、300人程度です。じゃあ、300人がクリックするかというと、そうではありませんよね。テクニックで増やした友達は、全く反応しませんし。

SNSにブログのアドレスをリンクをしているようでは、直接オファーのあるブログにはならないでしょう。
そもそも、表示された300人全員がクリックしたとしても、オファーのあるブログには、アクセスが全然足りません。

だから、自分でアクセスを増やす努力をしないといけないのです。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。