セミナー講師を育てる、講師養成本講座!


この講座が終わると、毎回、近くのコメダコーヒーへ、スイーツを食べに行きます。

ここで食べる、季節のシロノワールが楽しみなんです。

参加されているみなさんも、素人の状態から、呼ばれて講師デビューした方、自分のセミナー講師の軸が定まってきた方など、だいぶ状況が変わってきました。

そんな中、今日はセミナー企画書のお話し。

なぜ、「あなたのセミナーに、お客様は参加するのか?」の理由を考えて欲しいのです。

特に、セミナー募集サイトなどでの募集では、どのセミナーが良いのか分かりません。

そこで選ぶ理由は、「あなたでないといけない理由」が伝わる人なんです。

文章でも、「伝わる、伝わらない」があるのです。

キャッチコピーを工夫するのも必要ですが、そんなテクニック論は二の次です。

例えば、「女性向け恋愛セミナー」を開く人がいたとします。

その強み、あなたでないといけない理由が、こんな感じでしたらどうでしょう。
・婚活セミナーの開催実績がある
・結婚相談所で、勤務経験がある
・今まで付き合った人数が、何人
・面白い講座をする

私は、恋愛セミナーをしませんが、このように対抗して、信用を作ることができます。
・国家資格キャリアコンサルタントを保有し、何百人の女性(20代)のカウンセリングをしてきた
・年間200日登壇するプロ講師で、私のユーモアは企業や団体が認めている
・結婚して18年経過し、ほとんど今でも仲が良い
・個性心理学の講師なので、あなたの生まれ持った人柄を読み解きアドバイスします

こちらは、私の事実です。

私のセミナー講師としての経験、実績、失敗、テストは半端ないので、どれが相手に伝わり、反応するのかはよく分かっています。

全く関係のない講座でも、このようにもっともらしい事実を並べて、信用を作ることが出来ます。
だから、私を上回る「あなたでないといけない理由」を、伝えないといけないのです。

こんなとき、「講師の名前でgoogle検索」をしたとしたら、私は、違うテーマのホームページ、ブログ、Youtubeが出てきます。だから、そこで参加を辞めるかもしれません。

そんなときに、ぴったりのテーマ、恋愛に関するテーマのブログがあったら、どうでしょう。

だから、私の塾生には、自分のテーマのブログを毎日書かせています。

こんなところで、差別化もできるんですね。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/