Instagram(インスタ)への投稿が、理想の投稿ではないかと感じます。

私のInstagram(インスタ)は、設定登録だけしてありましたが、ほとんど投稿していませんでした。

最近、Facebookに投稿していない写真がたくさんあるので、たまに、インスタへ投稿するようになりました。

テレビでも、芸能人がインスタの話しをしますし、大学や高校で講演していると、Facebookユーザーはほとんどいなくて、インスタユーザーばかりです。Twitterユーザーも最近多いです。

若者についていくためにも、インスタを始めたわけです。

Facebookを見ていると、「自分が自分が!」という投稿が多く、見ていると疲れてくるのですよね。

インスタは、商売っ気がなく、写真がメインのため、見ていて気持ちよいです。

このような投稿が、本来の自己開示をする投稿ではないかと思うのです。

「写真と軽い説明!」

これに限ります。

シンプルかつ分かりやすい自己開示。

何度も言っていますが、私は「信頼関係のみ」で、法人営業のトップセールスになりました。

「自分が自分が!」というような、自社や商品のアピールは一切していません。

SNSも同じはずです。

人の心理(社会心理)はみな同じですから。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之オフィシャルブログ
http://lineblog.me/kadenbook/