転職市場には、50代の応募も多いらしいが、なかなか難しい様子。

転職市場には、50代の応募も多いらしいが、なかなか難しい様子。


新卒の就職、転職市場は、ここ最近になく、好景気のようです。

そんな世の中ですが、

中小企業の社長、整体院のオーナー、介護関係の方に聞くと、人が採用できないとみなさん言っています。

どうやら、求めている若い方の応募が少なく、50代中頃の方の応募が結構、いるらしいのです。
ですが、みなさん、50代中頃の方は、業界の経験者でないと、なかなか採用できないといいます。

やはり、若者がいない、今どきの若者は・・と言いながら、結局は、若者を求めている。
若い方と上手に接しないと、いざというときに、自分が首切りの対象になってしまいます。

特に、大企業経験者は敬遠されがちです。
細かいことができない割には、要求する給料水準も高いとのことでした。

私も講師業のサポートをしていますが、50代中頃以上の方は、頑固で、動きも鈍いです。
特に、男性は。

安定を保つため、やりたいことを後回しにしてしまったり、急に、会社をリストラされたりすると、次の人生を歩みにくいと感じます。

やりたいことがあるなら、早い方がいいです。

せめて、40代後半。

もしくは、定年までは自分から会社を辞めない方がいいでしょう。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。