名刺交換は両手がすべて!!

名刺交換は両手で


新入社員になると、新入社員研修でマナーについて教わる機会が多いでしょう。

マナーも、人によって違うことを言うこともありますし、実際の経験がないのに、状況を考えず、マナーだけを強調する人もいます。

名刺交換は、
◎片手で同時交換
◎両手で出して、両手で受け取る

この2つしかないかと思います。

名刺交換は、同時交換という方もいますが、私は、片手の同時交換は、あまりおススメしません。

すべての機会で、両手で出して、両手で受け取ると思っておいてもいいくらいです。

片手で同時交換のクセをつけると、相手が、両手で名刺を出してきたときに、こちらは片手で差し出す形になってしまうからです。
相手が片手で出してきたときは、両手で準備していても、その場で片手に変えるか、営業マンが先に、両手で出してしまえばいいのです。

営業マンは、お客様よりも立場が下に当たります。

相手が両手なら、こちらも両手でなければいけません。
年配の方は、片手で同時交換を好む方も多いですし、「名刺交換は、同時交換で教えて下さい」と依頼される研修もあります。

でも、私は、
「両手で出して、両手で受け取る」
という
名刺交換にこだわり続けたいと思っております。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。