講師は、地名をどのように伝えると良いか?


おなじみの「講師プレゼン実践トレーニング」を開催しました。
ここで、気になったことをシェアしますね。

出身地、住まい、ゆかりのある地域を説明するとき、「○○市」とだけ伝えても、相手には伝わらないことが出てきます。
家族、友人、知人など、その地域に関係する人が多いため、当たり前のように使ってしまうのです。

●都市が県と同じ場合は、すぐ分かります。
大阪市、広島市、岡山市など。

●日本を代表するような都市でしたら、何県にあるかはだいたい想像がつきます。
名古屋市、博多市、金沢市、札幌市

上記のようなケースは、問題ないでしょう。

政令指定都市だからといって、全国の人に知られていると思ったら大間違いですからね。

例えば、愛知県に西尾市がありますが、すぐイメージできる人は、少ないでしょう。
地元の人か、近郊の人くらいで、愛知県に住んでいる人でも分からないかもしれません。

このような場合は、「愛知県西尾市」と伝えるクセをつけておいた方がいいです。
「西尾市」と伝えるのは、西尾市で講座を開く場合だけです。
名古屋に出向いて講座を開く場合は、愛知だけでなく岐阜、三重など、様々なところから集まりますので、「西尾市」だけでは伝わらない可能性があるのです。

とにかく、「?」のまま講座をすすめると、「?」から先の講座内容が、全く伝わらなくなってしまいます。

これから、全国で講座を開きたい場合は、さらに工夫が必要です。
「愛知県西尾市」だけではダメで、「名古屋市から南東に2時間くらい行ったところです」という工夫が必要になってきます。

このように、地元名は、地元の人しか分からないのですね。



○新刊『部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方』

部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方
部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方


○新刊『営業マンの自己心理改革』好評発売中。

営業マンの自己心理改革
営業マンの自己心理改革


○ロングセラー『セミナー講師 超入門』好評発売中。講師になりたい人向け必読書。

セミナー講師 超入門
セミナー講師 超入門