保険など、商品をそのまま売る営業マンは、もはや必要ない!


時代が変わって、世の中で必要とされてきている商品やサービスは、違ってきています。

一部の郵便局の保険営業マンは、詐欺まがいの違法営業だという記事が出てきました。
そもそも、給料も上がらず、税金は高く、将来が見込めず、貯蓄しても金利が安い時代に、生命保険代を払っている余裕はありまん。当然、若者は生命保険に入らないので、お金があるお年寄りがターゲットになるのですが、先が短いお年寄りは、病気になったり、死亡する確率が高いため、掛け金は半端なく高いはずです。

そんな無駄なお金は、正常であれば、支払わないはずです。そこを言葉巧みに、半分だますような感じなのでしょう。

現代の保険営業は、強引な保険のおばちゃんがいなくなり、まともで、押し売りをしない営業マンが増えてきました。お客様のライフスタイルに寄り添う、ファイナンシャルプランナーのような感じです。よく勉強をしています。全体としては、保険がらみのクレームは減っているそうです。

やはり、時代遅れの考え方を持った人が多い、郵便局は、こうなるのだなと。

普通に営業をしていては、保険という商品は売れません。ですが、必要としている人がいないわけではありません。結婚して子どもが生まれたばかりの家庭、少し給料が高い世帯など、必要としている人がいるのです。

そのような人たちに、保険を売るのではなく、お金のプランニングをすればいいのです。

商品をそのまま売って、売れる時代は終わりました。
「貯蓄できる」と言われても、スマホが使える世代であれば、金利が安く意味がないことは分かっています。
「みんなが入っている」という、訳の分からない理論を話しても、説得力がありません。
「死亡したら困る」のは、子どもが小さい世帯だけで、独身の人がいらないことは、考えれば分かります。
「早く入った方が安い」と言われても、早く入れば、分割する回数が増えるだけですので、当たり前です。総額で考えれば分かる話です。

相手の役に立つ情報やノウハウを提供する営業でないと、ものは売れません。

だから、商品は売っても意味がないのです。
逆に言えば、できる営業マンは、商品を説明しなくても、相手が「買います!」と言ってもらえます。

さらに付け加えると、
自分の成績のために、相手に必要のないものを売るのはやめましょう。みんなが不幸になります。



○6/6ころ、新刊『部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方』を発売します。予約受付中。

部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方
部下を動かす! 超一流の伝え方・三流の伝え方


○新刊『営業マンの自己心理改革』を発売しました!好評発売中。

営業マンの自己心理改革
営業マンの自己心理改革


○ロングセラー『セミナー講師 超入門』好評発売中。講師になりたい人向け必読書。

セミナー講師 超入門
セミナー講師 超入門