お客様にイラッときたら、「6秒」我慢する。


日頃から、営業活動をしていると、クレームでお客様に怒られたり、納期遅延で厳しく言われたり、アポイントを取るときに、冷たくあしらわれたり、上から目線で言われたり、お願いしたことをやってくれなかたりなど、イラッとする場面はたくさんあります。

そんなときは、「6秒」我慢してください。

人間の怒りの感情のピークは、6秒だと言われています。

怒りをコントロールするのが、アンガーマネジメントです。

営業マンは、立場が弱いため、お客様から冷たくあしらわれたり、苦言をいわれることはしょっちゅうです。

一番いけないのは、イラッとしたままの状態で、お客様に反論してしまうことです。
これは、良くありません。

温和な私でもたまにありますが、大ごとになります。
これは、怒りの感情が高まっているときに、反論するから、お互いにさらに感情的になってしまうのです。

もし、お客様に言葉を返すならば、
怒りのピークが収まった後にしてください。

そのために、「6秒」待つのです。

この「6秒」を待つか待たないかで、大きく状況は変わりますよ。

アンガーマネジメントです。


○伝え方プレゼンスクール
https://school.koushi.nagoya

○セミナー講師で独立したい人の 講師養成講座入門編
https://koushi.nagoya

○お客様の心に「グサッ」とささる プレゼン基礎講座
https://purezen.koushi.nagoya