お客様にイラッときたら、「6秒」我慢する。アンガーマネジメント

お客様にイラッときたら、「6秒」我慢する。


日頃から、営業活動をしていると、クレームでお客様に怒られたり、納期遅延で厳しく言われたり、アポイントを取るときに、冷たくあしらわれたり、上から目線で言われたり、お願いしたことをやってくれなかたりなど、イラッとする場面はたくさんあります。

そんなときは、「6秒」我慢してください。

人間の怒りの感情のピークは、6秒だと言われています。

怒りをコントロールするのが、アンガーマネジメントです。

営業マンは、立場が弱いため、お客様から冷たくあしらわれたり、苦言をいわれることはしょっちゅうです。

一番いけないのは、イラッとしたままの状態で、お客様に反論してしまうことです。
これは、良くありません。

温和な私でもたまにありますが、大ごとになります。
これは、怒りの感情が高まっているときに、反論するから、お互いにさらに感情的になってしまうのです。

もし、お客様に言葉を返すならば、
怒りのピークが収まった後にしてください。

そのために、「6秒」待つのです。

この「6秒」を待つか待たないかで、大きく状況は変わりますよ。

アンガーマネジメントです。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。