できる上司は、部下の営業の弱点を把握しているもの!

できる上司は、部下の営業の弱点を把握しているもの!


営業同行する前に、上司の方から、営業マン、営業女子の普段の状況、見立てを聞きます。

きちんとしている会社では、だいたい、この見立ては合っています。
でも、なぜ、営業マン、営業女子は、変わらないのか?

この2つの原因が考えられます。
●営業マン、営業女子が、気づいていても変えようとしない
●上司が伝えているが、本人は気がついていない

ですので、私は、会社の上司とは違う視点から営業マン、営業女子を攻めます。
○良い点をたくさん探して、褒めてあげる
○あと少し工夫すると良くなる点を、教えてあげる

なかなか会社では褒められないみたいです。

ただし、下記の場合は、少しキツく。
○対応がロボットみたいに機械的
○上から目線(金融系、独占系の大企業に多い)
○ほんの些細のことに気がつかない。雑な人

プライドが高い人はどうするか?
○あまり、細かく触れない、細かく指摘しない
これに限ります。

他人の目線が入ることで変わる人も、多いです。

そのためには、車など移動中の世間話しが非常に効果を発揮します。
人は、仲間の言うことしか聞きませんから。

新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。