インターネット時代、商品やみなさんの存在を知るには、Google検索は欠かせません。

消費者が商品(サービス)を認知してから購買するまでの行動モデル(プロセス)としては、AIDMA(アイドマ)が有名でした。

1.Attention(認知・注意)
2.Interest(興味・関心)
3.Desire(欲求)
4.Memory(記憶)
5.Action(購買・行動)

インターネットの普及後の時代の購買行動は、AISAS(アイサス)です。
SNSが当たり前の時代ですので、Google検索とシェアが入ります。

1.Attention(認知・注意)
2.Interest(興味・関心)
3.Search(検索)
4.Action(購買・行動)
5.Share(情報共有)

ネット上に、みなさんの商品やみなさんの名前が存在していなければ、実在していないのと同じなのです。

本を出版(電子書籍含む)して、Amazonに載る
ブログを書き、ネット上に公開する
ホームページで商品とプロフィールを紹介する
Facebookで投稿する(記事は検索されませんが、プロフィールは上位表示されます)

など、いかに重要な作業であるかがお分かりいただけたのではないでしょうか。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/