就活生は、テレアポ、飛び込み営業の会社は避けよ

営業に自信がない文系大学生


◎メーカー営業を選べ


営業に自信がない文系大学生はメーカー営業を選べ

偏差値の高い大学で、たくさん稼ぎたいと思う人は、外資系金融会社やコンサル会社などが狙えます。超大手メーカーなども、将来的には高給にありつけます。

問題なのは、文系のFラン就活生です。手っ取り早く稼ぎたいからと、テレアポ、飛び込み営業の会社へ行こうとする人がいます。コピー機などを売るIT会社、証券会社、住宅営業などです。本当に行きたくて行くのであれば、問題ありません。立派な商売です。

ですが、本筋を見ることなく、企業の言うことを真に受けたり、自分で調べなかったりするからたちが悪いのです。

自分で、営業が得意だと思うのなら、好きな会社にいけばいいでしょう。そうでなければ、全く営業経験がないのに、テレアポや飛び込み営業は、途中で挫折して短期間で離脱してしまう可能性が高いです。職歴に傷が付きます。私が思うには、大学を出て、そのような会社に入ってしまうと、ルート営業をしている一般的な会社で働けなくなってしまいます。中途採用でも、同じような業界にいた人を好むからです。

営業に自信がない人は、メーカー営業を目指しましょう!メーカーであれば、営業力がすべてではありません。商品開発力の善し悪しも、営業に関係してきます。技術部のスタッフなども営業をサポートしてくれます。会社が一丸となって売るという感じです。

新卒時は、入社する会社を選べるのに、わざわざテレアポ、飛び込み営業の会社に入るのはナンセンスです。新卒で、自分に営業力があるかどうかは分かりませんから。

ルート営業が面白くなくて、実力主義の会社に行くのは問題ありません。その逆である実力主義の会社からルート営業の会社に行くのは、難しくなります。特に、中堅以上の会社に転職できる可能性は、非常に低くなってしまいます。

【関連動画】
営業未経験者(新卒・転職)に、絶対オススメしない業界の営業とは
https://youtu.be/VVpXDzCJWOY