HSP(繊細さん)の特徴・適職・苦手な職業とは! HSPに向いている仕事がある

HSP(繊細さん)の特徴・適職・苦手な職業とは!


◎HSPに向いている仕事


HSP(繊細さん)の特徴・適職・苦手な職業とは! 
HSPに向いている仕事があります。
苦手な職業は避けましょう。

【関連動画】
あなたもHSP(繊細さん)かも HSPの特徴 DOES(ダズ)とは
https://youtu.be/TYTqWJl5m_E

HSPが向ている営業とは? テレアポ、ノルマ、ごり押し営業はキツイ!
https://youtu.be/DbwdlV4zqoE

繊細だけど外向的なHSS型HSPは、トップセールスになれるのか?
https://youtu.be/pV9ih3onTbA
 

HSP(繊細さん)の特徴・適職・苦手な職業とは!


HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の頭文字を取った言葉で、視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かという特徴を持った人のことです。アメリカの心理学者であるエレイン・N.アーロン博士が1996年に提唱した言葉です。HSPの割合は全人口の15~20%です。5人に1人の割合で存在しています。繊細さんと呼ばれています。

特徴として、「一を聞いて十を考えられる」「人混みが苦手」「感受性が豊か」「ちょっとしたしぐさで感情が読み取れる」「音、光、においに敏感」などがあります。これらを生かした仕事をすればいいのです。

<向いている職業>
1.適職➀(先読みができる)
プログラマー、システムエンジニア、Webライター、Webデザイナーなど。

2,適職➁(独自の感性)
イラストレーター、映像クリエイター、デザイナー、ミュージシャン

3.適職➂(共感力)
カウンセラー、コーチ、セラピスト、飼育係

4.適職➃(五感を使う)
料理人、カメラマン、パティシエ、俳優
 
<苦手な職業>
「ノルマがある」「人と接する」「マルチタスク」「人を支配する」「体育会系のノリ」などに関係している職業。

営業、接客業、事務系、管理職、建築、土木の現場などは向いていない可能性が高いです。個人差はあります。

とても苦しかったですが、私は、体育会系に属していましたし、営業や管理職もやっていました。HSPの人が苦労する気持ちが分かります。