半導体業界(CPU、メモリ、フラッシュメモリ、SSDなど)から半導体商社の営業について説明するよ 業界の豆知識

半導体商社の営業について


◎半導体業界について


半導体業界(CPU、メモリ、フラッシュメモリ、SSDなど)から、メーカー営業、半導体商社の営業について説明するよ。業界の豆知識

半導体とは:
電気を通す導体と、電気を通さない絶縁体の中間の性質を持つ物質のこと。
トランジスター、ダイオード、メモリー、マイクロプロセッサー、ロジックIC、システムLSI、LED(発光ダイオオード)、加速・温度センサー、イメージセンサーなど。自動車、家電、スマホ、ロボット、信号などに搭載されており、世の中にはなくてはならないものです。

元々、日本の半導体は世界をリードしていました。今では、アメリカのパソコンCPUで有名なインテル(Intel)、マイクロンテクノロジー(Micron Technology)、通信系に強いクアルコム(Qualcomm)、グラフィックなどのGPUに強いエヌビディア(NVIDIA)と、韓国のDRAMやフラッシュメモリに強く総合家電・電子部品メーカーのサムスン電子(Samsung)、メモリ事業に強いSKハイニックス(SK hynix)など、2つの国がほぼ独占しています。

台湾の半導体製造企業であるTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)は、時価総額でアメリカのインテルや韓国のサムスンを上回っています。

日本は、NAND型フラッシュメモリのキオクシアが頑張っています。ソニーは、カメラなどで使用されているCMOSセンサーで世界40%で1位です。

半導体関連の仕事をするとなると、メーカー営業か商社営業に分かれます。メーカーは、キオクシア、ソニーセミコンダクタソリューションズ、ルネサスエレクトロニクス、ローム、三菱電機、日亜化学工業など、超大手に限られます。偏差値の高い大学から新卒で入社しないと、働くのは難しいです。大手メーカーは、半導体の販売を、商社へ委託している割合が大きいです。そのため、半導体商社で働く方が現実的でしょう。

商社営業は、非常に仕事が厳しいです。売ることが仕事です。商社特有の上司とのお付き合いや、お客様への接待があります。仕事半分、お酒が半分という感じもします。夜は長いです。

通常、商社が半導体を購入するので、メーカーからしたらお客様になりますが、半導体業界は特殊で、メーカーの方が立場が強く、商社がメーカーを接待するという特殊な業界でもあります。今は、変わっているかも知れませんが。

【関連動画】
電子部品業界(半導体、コンデンサ、コネクタなど)について説明するよ 業界の豆知識
https://youtu.be/rf_AyyH96io

生産財営業・電子部品業界の営業はどんな感じなの? セールストークより信頼関係!
https://youtu.be/djYCDZ_Ywgk