新刊『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)が発売!書店ランキング1位、セールスコピーにも使える本

売れる言いかえ大全

※売れる言いかえ大全 三省堂書店名古屋本店 ランキング1位(11/28~12/4)
※売れる言いかえ大全 ジュンク堂書店名古屋店 ランキング2位(12/12~12/18)
※売れる言いかえ大全 丸善&ジュンク堂書店梅田店 ランキング2位

売れない営業マンが売れるようになるために書いた本ですが、
・交渉をする人すべてに使える
・人と関わる人すべてに役立つ
・キャッチコピー、セールスコピーの参考になる
・コミュニケーションの本として使える
・文章を書く人にも参考になる
・医療業界でも役に立つ

など、意外な反響をいただいております。

「売れる/売れない」の違いは、優秀かそうでないか、才能やセンスの有無ではなく、「ちょっとした言葉の使い方」で決まります!「がんばっているけれど売れない」セールスパーソンは、大きく分けて2つに分類されます。

1つ目は、お客様から「売りたい気持ちが前面に出すぎていて引いてしまう」「こちらの話を聞いてくれない」などと思われる、自分都合の言葉が多い人たち。
2つ目は、お客様から「いい人なんだけれど、決め手に欠ける」「もうひと押し欲しかった」と思われる、人の好さが裏目に出てしまっている人たち。

実は、こうした人たちは、「ちょっとした言葉づかい」を改めるだけで「売れるセールスパーソン」になることができます。

本書に収録されているフレーズから、紹介すると、

新規のお客様にテレアポを取るとき
売れない人は「5分だけでもお時間をいただけないでしょうか?」
売れる人は「いつ頃がお手すきになりますでしょうか?」

お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです!」

お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

どうしても必要な情報を聞き出したいとき
売れない人は「何とかお願いします! 」
売れる人は「この話ができるのは、○○さんしかいない! 」

忙しくて対応が遅れてしまったとき
売れない人は「ちょっと、バタバタしておりまして……」
売れる人は「対応が遅れて申し訳ありません」

お客様の話が長いので終わらせたいとき
売れない人は「もう2時間経ちましたので、そろそろ」
売れる人は「次の予定がありますので、そろそろ」

本書では、そんな強力な「言葉の使い方」を100個の法則にまとめています。さらに、100個の法則に加えて、現場でそのまま通用する「OKワード/NGワード」言葉の使い方をマスターするための「ロープレ」「トレーニング方法」も紹介しています。

本書の内容は以下の通りです。

第1章 アプローチ(新規開拓)をする
第2章 訪問先(あいさつ)で好印象を残す
第3章 雑談で相手を知り距離を近づける
第4章 良いコミュニケーションで会話をうながす
第5章 タイプ(ソーシャルスタイル・優位感覚)別に攻略する
第6章 マル秘情報を聞き出すには?
第7章 すでに信頼関係があるお客様に伝える場合
第8章 あとでモメないように先手を打つには?
第9章 商談を上手に進めるには?
第10章 オンラインで商談を進める
第11章 交渉・折衝の最終局面で成約するには?
第12章 会議やプレゼンをうまく進める
第13章 次の商談につなげるには?
第14章 テストクロージングをかけて購入度合いを探る
第15章 相手を不快にさせずに断るには?
第16章 クロージングをして契約してもらう
第17章 販売後(セミナー後)も関係を続けたいときは?
第18章 クレーム発生時の対応をする

 

書籍『売れる言いかえ大全』(フォレスト出版)

重版決定!三省堂書店名古屋本店でランキング1位を取った『売れる言いかえ大全』。売れるセールスパーソンの「言葉づかい」を身につけて売上を爆増させる本です。

○お客様との別れ際に
売れない人は「失礼いたします」(しか言わない)
売れる人は「本日はお会いできてうれしかったです! 」

○クロージングの最後のひと言
売れない人は「契約していただけませんか?」
売れる人は「ぜひ一緒にやりましょう! 」

など合計100法則。400ページの鈍器本。