介護関係者向けに、「怒りをコントロールする技術」の講演


介護関係者向けに、研修する機会も増えてきました。

一般的な企業の仕事と違い、ちょっと特殊な世界です。
ある程度、他で働いてから介護の世界に来る人も多く、上司が、かなり年下であることはよく見る光景。
しかも、離職率も高いので、人がすぐ入れ替わる。

今の人材不足では、人が辞めると、大変な割に給料が安いと言われている業界(特に、介護、マッサージ、美容師などのサービス業)は、なかなか人が採用できません。
というか、全く面接にも来ない会社もたくさんあります。

良い人を採用しようとする前に、人を辞めさせない工夫が大切なのです。
そんなとき、大切になるのが、上司の関わり方です。

職人気質な世界ですので、短気な人も多く、すぐ怒鳴るんです。
これではいけません。

イライラしている状態では、相手に伝わりません!!

怒りをコントロールするには、どうしたらいいか


まずは、上司が感情的にならないことです。

「怒る」は、自分本位のイライラです。
「叱る」は、相手のためにたった、指導です。

まずは、怒らないようにすること。

そのピークは、「6秒」だと言われています。

まず、6秒我慢する。これにつきます。

ここを乗り切ると、だいぶ、怒りが消えるので、相手に厳しく当たらないようになります。

私も、かなりイライラしてしまう方ですので、
・イラッときたメールやメッセージは、すぐ返事しない
・イラッとしたら、その場を離れる

こんな対処をして、乗り越えています。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/