社会心理学 無邪気な講演家・セミナーコンサルタント・ビジネス書作家・セミナー講師の大岩俊之オフィシャルサイト

人のタイプ分けによる伝え方の工夫

人のタイプ分けによる伝え方の工夫

個性心理学3分類によるタイプ分け

個性心理学のタイプ分けを使います。
正確に分類するには誕生日が必要ですが、会話や雰囲気でも分かることがあります。

○MOON
ひと言で言うと、「いい人」です。

お金などよりも、
「人に感謝される」「ほめられる」
などの方が、やりがいを感じます。

感情に訴えかける感じですかね。

モノを買うときも、値段よりも、「人柄」の方を重要視します。

○EARTH
地に足が付いていて、堅実です。
マイペースです。
お金も大好きです。

モノを買うときは、「値段」「少しでも安いかどうか」をを気にします。

プレゼントやお詫びの時は、「現物」が一番。

○SUN
天才肌です。

「ブランド」「立場」「地位」などを重視します。
成功したいなども、口癖かも。

束縛されたり、規律などを嫌います。
「自由」に生きたいタイプです。

クレーム対応は、責任者を連れて行くことです。

 

VAKの優位感覚によるタイプ分け

人の優位感覚によって、分類します。

○視覚優位
視覚、目で見たモノの感覚が優れている人です。
このような方と会話するときは、目に見えるイメージを使います。

例えば、
言葉で説明するよりも
・実物と見せる
・絵を見せる
・写真を見せる
・図にかく
などした方が、理解が早いですし、納得します。

○聴覚優位
耳で感じる聴覚が優れていますので、音の表現で示してあげるといいです。

例えば、
・静か
・音が小さい、大きい
・音が心地よい
などに反応します。

言葉の「リズム」「スピード」にも影響を受けます。
しゃべり方にも、注意を払います。

打ち合せ場所は、うるさい場所ではなく、静かな場所で。

○体感覚優位
身体で感じる感覚を大切します。

例えば、
・手に持たせてみる
・身体を動かしてもらう
・手を動かして、書く
などに、効果があります。

このような方は、色がキレイ、音が良いなどと説明してもダメです。
どうのように感じるか?が大切です。

「重い」「軽い」「気になる」などです。

 

4つの分類によるタイプ分け

人を4つのタイプに分類します。

○せっかちタイプ
起業家やリーダーに多いタイプです。
行動力があり、判断も早いですが、短気で、せっかちです。
雑談も嫌います。

対策としては、
・結論から話す
・こちらが、相手をコントロールしようとしない

○盛り上げタイプ
社交家で、サービス精神旺盛。
人から好かれるが、飽きっぽい。

対策としては、
・お世辞をたくさん
・相手にフォーカスを当てて話す
(お子さんかわいいですね → ○○さんは、子どもが好きなんですね)

○いい人タイプ
相手の気持ち敏感で、人を援助するのを好む。
話しやすいが、優柔不断で決断できない。

対策としては、
・雰囲気作りを重視する
・雑談する
・NOと言わないので、時には、決断をせまる

○分析タイプ
数値や状況から、判断する。
行動に慎重で、感情も表に出さない。
設計、技術、エンジニア職の人に多い。

対策としては、
・必ず、根拠を示す
・データーを用意する
・論理的に話す
・話しが飛ばないこと

お気軽にお問い合わせください! TEL 090-6073-9676 受付時間10:00~19:00[ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 大岩俊之オフィシャルサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.