私は、広告代金がかかるのでターゲットを絞り、時間が無くなってきたので、やることを減らすという、他の人と真逆なマーケティングスタイルを貫いています。

でも、結局、いくつもこなす、器用なのが特徴なようです。

私の知り合いや仲間など、第三者もそのことは認めているみたいですし、統計学、占いで見てもらっても、何でもこなすことができる、めずらしい人だと言われます。

逆に、この器用さは、他の人は真似できないので、たくさんのテーマがこなせる講師として成り立っています。入口が多いことが、今の私のブランディングでもあります。

マインドマップと個性心理学を組み合わせて、他の人が真似できないことができたりするのです。

昔は、キャリアカウンセリングとコーチングなどを組み合わせていましたが、世の中にたくさんいます。

差別化できませんでした。

 

私の今の講師業としては、営業、SNSブランディング、講師養成などのテーマに絞っていますが、私の場合、「何でも出来る人」の方が、大きなブランディングになりそうですね。

他人に「よく分からない」と言われても、いいのです。

「何でもこなせることが素晴らしい!」と思う世の中になるはずです。

要するに、私のことさえ気に入ってもらえば、テーマはなんでもいいのです。

競合が多いテーマですと、他の人とのテーマの違い、差別化をしないといけません。

自分を売ることができれば、いちいちテーマの差別化をする必要もなく、ひたすら自分を磨くだけですから。

このような差別化もあるということです。

ホリエモンも著書『多動力』で、肩書きはたくさんあった方がいいと言っていますから。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/