先日、内発的動機付けと外発的動機付けの話しをしました。

復習です。

1、外発的動機付け
義務、賞罰、強制などによってもたらされる動機づけ。外部からの刺激によるもの

2、内発的動機付け
好奇心や関心によってもたらされる動機づけであり、賞罰に依存しない行動である。
自分の内側から、湧き上がってくるもの。

セミナー集客や商品の販売は、興味を引くために、まず、「外発的動機付け」を使いますが、それだけでは足りません。それだけでは、一時的な売上にしかならないからです。

「内発的動機付け」で、お客様が、自分から「参加したい!」「欲しい!」と思ってもらうことが大切です。

例えば、
セミナーでは、将来、自分の役に立つと思うから、参加したい!
本気で、このセミナーに参加すると、人生が変われそう!

商品であれば、よく眠れるようになれば、毎日が充実しそう。
インテリアがオシャレになり、雰囲気が良くなれば、毎日が幸せになる。

というように、内側から湧き上がってくる感覚です。

この感覚、「内発的動機付け」が出来れば、必らずあなたのファン、あなたの商品のファンになります。

この内発的動機を高めるには、キャッチコピーのテクニックではダメです。

心をこめて、あなたの気持ち、あなたがどういう人かの自己開示が必要になるのです。

「内発的動機付け」でが高まれば、リピートのお客様になります。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/