プレゼンで失敗しないためには、パソコンを借りないこと!


プレゼンが失敗する理由は、練習不足、準備不足、慣れていないなど、人の要素が大きいのですが・・

その要素は置いておいて、
プレゼンで失敗しないためには、自分のパソコン、もしくは、自分が使い慣れているパソコンを使うべきです。
起業している人や会社の社長は、必ず、持ち歩きようのモバイルパソコンを買って下さい。

パソコンが重いから、会社の規則でパソコンを持ち歩けない、もしくは、持ち歩くパソコンがないからと、お客様先でパソコンを借りる人がいます。

断言します。100%失敗します。もしくは、100%が下手です。

個人事業主など、独立しているセミナー講師で、パソコンを借りているようでは、話になりません。
会社員でしたら、パソコンが持ち歩けないかもしれません。ですが、会社員でプレゼンを上手くなりたなら、コンペに勝つ必要がある仕事をしているなら、自分専用のノートパソコンを用意してもらえないようでは、勝ち目はありません。

失敗する理由は、

・お客様のパソコンの設定を、こまかく変えるのは難しい
プレゼンで成功するためには、設定をこまかく変える必要があります。私が貸す側の立場で、パソコンを借しているのに、あれやこれやされたら、嫌な気分になります。もう、二度とかしません。大事なファイルが消されるかもしれませんし。
パソコンを借りた相手がプレゼンに詳しければいいですが、たいてい素人です。だから、必然的に、未設定のまま行うので、失敗します。
フリーランスやデザイン系の方は、Mac(マック)が多いです。その場合は、持ち歩きましょう。

・自分のパワーポイントのバージョンと、借りたパソコンのパワーポイントのバージョンが違う
パワポのバージョンの違いは、やっかいです。微妙なところが違っていたりします。自分が古く、借りたパソコンが最新。もしくは、自分のパソコンが最新、借りたパソコンがかなり古いと、ほんと焦ります。
Mac(マック)のキーノートは、パワーポイントと互換性があります。

・自分の慣れているOSと、借りたパソコンのOSが違う
OSが、Windows10同士で同じなら、設定画面は同じなので、なんとかなかります。これが、OSが違うと、普段使っていないため、何かあったときに、とても焦ります。私は、万が一に備え、Windows10(通常使用)、Windows8.1、Windows7のノートパソコンがありますが、たまに起動するWindows8.1のパソコンは、操作に悩みます。
これが、一瞬を争う場面でしたら、どうなるでしょうか?
大変なことになります。
フリーランスやデザイン系の方は、Mac(マック)が多いです。

・プロジェクターに映らないときに、人のパソコンでは焦る
よくあるのが、プロジェクターにつないだとき、映らないケース。
自分の使い慣れているパソコンであれば、設定の場所がすぐに分かりますが、他人のパソコンに、お客様先のプロジェクターでは、すぐに分からないことも出てきます。
ここがすぐに直せないようでは、プレゼンター失格です。

まとめますと、
・プレゼンで人のパソコンを借りているようでは、プレゼンは上手くならない。
・会社員や起業した人で、プレゼンが上手くなりたいなら、自分専用をパソコンを持て

ということになります。



○講師プレゼントレーニング
https://peraichi.com/landing_pages/view/ooiwa

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/