IoTとは何か?モノとインターネットがつながる!


「IoT」という言葉は、最近、よく耳にするのではないでしょうか。
では、「IoT」とは何なんでしょうか?

簡単に言うと、
モノとインターネットがつながることです。様々なものがインターネットにつながり制御される仕組みです。

講師やプレゼンターは、簡単にこのような言葉を使ってはいけません。
「IoTとは何か?」を必ず、事例を用いて説明をする必要があります。

例えば、
1つ目は、住宅。
みなさんの住んでいる住宅。外出先からスマホでコントロールすることができます。
エアコンの電源を入れたり、照明器具をコントロールすることができます。
スマホはインターネットにつながっていますが、エアコンや照明器具は、リモコン以外ではつながっていません。それが、インターネットでつながるようになるのです。

2つ目は、自動車。
常にデーター(ビッグデーター)を集めることで、渋滞、交通事故を避けで迂回路を示したりすることができます。今のカーナビでは、いまいち精度が高くありませんからね。
自動運転はもちろん、駐車場の空き状況が事前に分かったりできます。

3つ目は、公共交通機関。
バスが近づいてきたりすると、スマホ表示されたり、スマホでタクシーを予約すると、一番近いタクシーが現在地に向かい、その距離、時間が分かるなど、応用されます。

他にも、工場や建設現場での利用もあります。

このように、すべてのものがインターネットにつながることで、みなさんの生活は、大きく変わることになります。

今までは、インターネットが引いてある場所とパソコンが必要でしたが、電波でつながるため、場所も自由となります。

「IoT」という言葉を説明するだけでも、講師、プレゼンなどのように、伝え方のスキルが必要になるのですね。



○講師プレゼントレーニング
https://peraichi.com/landing_pages/view/ooiwa

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/