講師業で年収1,000万円は可能なのか?


研修講師編をお届けします。

研修講師は、著書もなく、どこどこで見たり、聞いたりするような有名な人や話題の人ではなく、ごく普通の人(普通の人に見える)が多いです。

企業研修は、受講生が主体とならないといけないため、講師が目立ってはいけないのです。見た目が、普通の人に見えるだけで、情熱があったり、講師スキルが素晴らしい人が多いです。

その中で、ほとんどの研修講師は、研修講師会社から研修の仕事をもらっています。

研修会社によって値段は違いますが、

大手~中堅企業に研修講師として登壇する場合は、

6万円~10万円くらいでしょう。

ちなみに、中小企業を対象とした2万円、3万という研修もたくさんありますので、補足しておきます。

研修講師は、年収1,000万円は稼げるのか?


ほとんどの一般的な講師は、2万円~5万円の研修をこなしています。実績を積むと、もう少し単価の良い研修にステップアップできるようになります。

講師料として、5万円をもらえれば、いい方だと思います。
時代が変わり、講師業界も価格破壊が起こっています。これから研修講師を目指す人、経験が浅い人など、研修の講師料は、20万円以上が当たり前などと、超人気講師、古い時代の講師の話しを真に受けてはいけません。

講師は、単価だけ見ると、それなりに高いです。ですので、儲かりそうと思うかもしれませんが、事前に何度も打ち合せしたり、リハーサルを何度もこなすなど、なかなか大変ですよ。

例えば、
1日に7万円で、年間100回登壇すると、年間700万円。

1日に10万円で、年間100回登壇すると、年間1,000万円です。

交通費、宿泊費は、負担してもらえますので、研修の仕事に関しての経費は、ほとんどかかりません。

かなり儲かりそうなお仕事に見えますね。

講師は、常に、インプットなど勉強が必要ですので、本を読む、他の人の講座に出て勉強するなど、必要経費以外の経費が、それなりにかかります。勉強しない講師は、消えていなくなります。

ただ、1社で年間100回、研修のお仕事をいただくことができる講師は、相当なエース級の講師だけです。

研修会社1社で、数人(おそらく5人もいない)だけでしょう。

数社で組み合わせて、100回以上の方もいます。

ということは、簡単には、年収1000万円にはならないということになります。

相当な実績と、実力が伴わないと、エース級講師にはなれないのです。
でも、仕事がもらえるようになれば、セミナー講師よりも、収入は安定しています。

本気で目指せば、不可能ではないかもしれません。

セミナー講師に関連した、私の本です。
『1年目からうまくいく! セミナー講師 超入門』(実務教育出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4788913402/

 



○講師プレゼントレーニング
https://peraichi.com/landing_pages/view/ooiwa

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/