講師業で年収1000万円は可能なのか?

ライセンス講師編を、お届けします。

セミナー講師の中でも、どこかのライセンス講座を受講し、試験などに合格して認定講師になるというパターンです。

自分で、セミナーの中身を作るのが難しい方には、最適です。

しかも、すでに、世の中で知られている講座(認知度が高い)も多く、人に説明する場合でも、話しがしやすいです。

私も、
マインドマップ・インストラクター
アクティブ・ブレイン認知講師
GCS認定講師(コーチング)
個性心理学認定講師
などのライセンスがあります。

カラーセラピー、スピリチュアル、ボイストレーニング、婚活スクールなど、いろいろあります。

やはり、すでに知られている講座、セミナーだというところが大きいです。

難点は、ライセンスを取得するまでに、初級講座、中級講座、上級講座、講師養成講座と受講し、認定試験を受けるなど、お金がかかることです。

講座にもよりますが、50万円~100万円は、かかると思います。

毎年の更新料、校舎の開校ライセンス費用などもかかったりします。

講座によっては、かなり、認定試験が厳しいケースもあります。

集客となると、結局は、自分で人を集めなければなりません。

あとは、自分の努力によります。

初めから、「教えるセミナーや講座が用意されている」という点を除いたら、セミナー講師と同じかもしれないです。

講座を開催すると、ライセンス料として、売上の20~30%を、納めないといけません。

年収1000万円あるかどうかは分かりませんが、どのライセンス講座でも、エース級の活躍をする認定講師は、1人くらいで、その次に活躍している講師が、3名くらいでしょうか。

初めから稼ぐツールを提供していただけるメリットはありますが、他の講師と差別化できない部分もあり、競合になることもあります。

目指すは、年収300万円くらいが妥当かもしれません。

大多数の人は、年収100万円もいっていないと思います。

テーマが素晴らしい講座も多く、内容に共感したり、師匠である講師に憧れて、認定講師になる人も多くいます。

稼ぐというよりは、良いノウハウを人に広めたいという人向きですね。

認定講師になることで、講師の勉強にはなります。

8月末に発売する私の本です(予約受付中)
『1年目からうまくいく! セミナー講師 超入門』(実務教育出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4788913402/

 

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/