講師業界のマトリックス!

セミナー講師、講演講師、研修講師と、実はすべて違います。
このように、分類できます。

○セミナー講師
参加者:能動的(やる気がある)
主催者:講師、その関係者
お金:参加者個人
時間:いろいろ(2時間~1日など)
内容:速読、マインドマップ、カウンセラー、起業、ブランディングなど、個人の能力を高める
焦点:講師が主体
スキル:教える講座の知識と経験と実績
注意事項:集客に苦労する

○研修講師
参加者:受け身(やる気が少ないことが多い)
主催者:企業
お金:企業が払う
時間:長い(半日~2日など)
内容:マナー、コミュニケーション、リーダーシップなど、仕事に直結
焦点:受講生が主体
スキル1:ファシリテーション、グループワークへの介入、時間管理
スキル2:自ら体験し気づいてもらう、雰囲気を作り参加しやすくする
注意事項:講師が目立つ場ではない

○講演講師
参加者:受け身の場合が多いが、参加者による
主催者:団体、組合、商工会議所など
お金:団体などが払う
時間:短い(90分~120分など)
内容:仕事の役に立つ内容から、盛り上げて元気にするものなど
焦点:講師が主体
スキル:言葉で引きつける、つかみ、盛り上げる
注意事項:つまらないと寝る、導入に失敗すると取り戻す時間がない

 

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/