私の主催するセミナー講師養成講座では、面倒くさがらずに、まずは、しゃべる内容を原稿に書いてもらっています。

いきなり、90分や120分の内容を原稿にするのではなく、まずは、自己紹介の3分、5分など、細かいパート部分に分けて、原稿を作成すれば、そんなに大変なことではありません。

私も含めて、多くの人のパターンは、原稿を読んでみると、2分で終わるけど、前に立ってしゃべってみると、3分くらいになるというもの。

原稿を見なが読んでいると、間がないので、早口になっていたりします。

これが、前に立つと、人を見たり、状況を見渡したりするので、間が作られ、長くなるのです。

この作業には、2つの重要な部分があります。

1つは、3分、5分という、時間の感覚を体感してもらうということ。
これが分かるだけでも、セミナー中の進行時間を調整(コントロール)することが出来るようになります。

2つ目は、前に立って、人を見る、状況を見ることが、これだけの時間を費やすというモノ。
講師は、実は、しゃべっていない時間が結構あるのです。

受講生がメモしていて、待っている時間を含めると、案外、しゃべっていない時間があるのです。

そんな環境は、体感していただくのが一番なんですね。

 

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/