営業同行研修をすると、お客様との信頼関係が分かる!


上司が営業マン、営業女子と営業同行したときににまずチェックするのは・・・

お客様との信頼関係の深さです。

営業マン、営業女子が普段、何と上司に報告していようが、実際に、お客様先に足を運んでみると、すぐ分かります。

どのような点で分かるかというと、3つのチェックポイントがあります。

1,お客様とファーストコンタクトしたとき
お客先を訪問したときに、最初に顔を合わせるときがありますが、そのときの表情、声がけに差が出ます。

何度も通っている担当者で、営業マン、営業女子のことを嫌っていなければ、笑顔で出迎えてくれます。
もしくは、お互いの雰囲気から、「知り合い感」が感じ取れます。
先日のやり取りの話しや、世間話しなどを、少ししたりするものです。

2,商談の最中の会話
いかにも、当たり障りない世間話しでは、まだ、打ち解けていない証拠です。
当然、上司や他の人が同行していますので、いつものような雰囲気にならないかもしれません。
ですが、話しの奥深さが違います。

何度も会っていないと出てこない話しや、仕事の話しが前向きであれば、それなりに回数を重ねている可能性があります。

3,次回に向けての話しの有無
上司や他の人が同行していたとしても、せっかく会ったのだから、仕事の会話をするものです。
「あの件どうなった?」
「次、いつ来る?」
「今、このように進んでいるか・・」
などの話しを、少しだけするものです。

もしくは、会議室、打ち合せルームを出たときに、お客様と営業マンが立ち話をするなどです。

だいたいは、担当者と営業マン、営業女子の雰囲気で感じ取れます。

めったに営業同行をしない会社では、営業マン、営業女子にとって一番都合がいいお客様、仲の良いお客様を選ぶ傾向があります。
もしくは、お客様に根回しをしてある可能性もあります。
根回しできる関係なら、逆に、安心できますが。



○講師プレゼントレーニング
https://peraichi.com/landing_pages/view/ooiwa

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/