営業とは、「売り込んでも売れない」ところからはじまります。

新しくビジネスを始める人、起業する人、独立する人は、基本的に、その前提に立って物ごとを進める必要があります。

営業すれば、契約できると考えて、1~2か月後に、ある程度の売上を見込んでスタートするのは、危険です。

会社員時代、ほとんどの人は、先輩などが実績と信頼を作ってくれた上での営業活動をしていました。
人によっては、知名度のある会社で働いていた人もいるでしょう。

そんな状況で営業活動をしていても、競合会社などが存在しており、そんなに簡単に商品が売れた分けではありません

新しく、会社の看板を背負わずにスタートする営業とは違うのです。

余程のことがない限り、信頼関係のないゼロからのスタートです。

 

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/