営業とは、「自分の存在を知ってもらう」ことです。

よく間違えやすいのが、「商品を売り込むこと」です。
前回のブログにも書きましたが、「売り込む」ことをしても、たいていは、相手にされません。

新しく起業した人、お店を開いた人、独立した人は、まず「自分の存在を知ってもらう」ことをしないといけませんよね。

あなたの扱っている商品、サービス、お店が、どれだけ素晴らしくても、存在を知らなければ、依頼のしようがないのです

そこで、「自分の存在を知ってもらう」活動をするわけなのですが、大きく分けて3つあります。

1つ目は、営業活動をする、訪問するお客様数を増やすことです。
これは、数を当たることで、存在を知ってもらう活動です。

2つ目は、広告、宣伝をすることです。
大企業などが行っている、テレビの宣伝とかではなく、折り込みチラシ、ポスティング、フリーペーパーに載せる、地元雑誌に掲載するなど、地味ですが、存在を知ってもらうためには、効果があります。

3つ目は、SNS(Facebok、ブログ、ホームページなど)で、情報発信をすることです。
これは、お金のかからない地味な方法ですが、長い継続力がものをいいます。
今のWebの時代ですから、なくてはならない方法です。

これらを含めて、営業活動と言えるのです。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之オフィシャルブログ
http://lineblog.me/kadenbook/