昨日は、浜松で「いむらきよし流個性心理学」8時間講座の主催をしました。

名古屋からいむらきよし先生をお迎えして、講座を開催していただきました。

個性心理學(個性心理学)は、個性心理學研究所により体系化されました。
人間の個性を動物のマスコットにあてはめた、誰にでもわかるイメージ心理学です。
自分の宿命を知ることで、人生が加速します。
個性心理学は、四柱推命がベースとなっています。

自分の宿命を知り、生まれ持った才能、神様から与えられた宿命に沿って生きると、人生が成功しやすいです。

私も個性心理学の認定講師になり、成功する人を分析するようになりました。成功している人は、ほぼ間違いなく、与えられた宿命通りに生きている人です。

認定講師のほとんどは、個人向けに活用している方が多いのですが、私はビジネスの世界に長年いた経験や、研修講師、営業コンサルタントの経験から、ビジネスに取り入れ始めました。

個性心理学を人材の配置、採用に応用する。さらには、広告、集客、営業にまで。
上司と部下のリーダーシップにも。

自分の動物キャラクターは、下記のサイトから調べることができます。

サイトはこちら↓↓
https://www.noa-group.co.jp/

12分類のキャラの特徴を、ビジネスに当てはめて簡単に書きますと、

 → 1人を好むので、無理に人と絡ませない
こじか → 子どもなので、プレッシャーをかけないこと
 → 子どもなのでプレッシャーをかけないこと
チータ → 突っ走るので、止めないこと。方向が違うときだけ修正してあげる。
黒ヒョウ → 大人ぶりたい。傷つきやすいので注意。
ライオン → 努力家で、その姿をアピールしたがる。
 → 親分肌なので、部下や後輩であっても尊重してあげる
たぬき → 人前で栄えるので、営業、販売など人前に出すこと
子守熊 → ボーとしているが、その時間がないとパワーを発揮できない
ゾウ → 報連相しないが、目に見えないところで頑張っている
ひつじ → 世のため人のため、情報収集が得意、人に気配りができる
ペガサス → 直感や感性が鋭い。突拍子もない意見を馬鹿にしない。

上記の12分類の出し方は、人の特徴の一部です。
他のいくつかの方法により、いろいろなキャラが関係してきますので、上記1つだけで判断することはできません。

これらを知っているだけでも、かなり、適材適所になるはずです。
もしくは、ターゲットに合わせた広告、営業にもなります。

これから、ビジネスで使える内容をお届けしていきますね。

○大岩俊之オフシャルメルマガ
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSqawm

○大岩俊之Facebookページ
https://www.facebook.com/ooiwatoshiyuki/